読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうベランダがクッキングパパにしか見えない

道を歩いていると突然「あっ、クッキングパパ」と声があがった。

一緒にいたのはそういう突拍子のないことを言う人なので、発言自体には驚かなかったのだが、「ほら、あれ」と指したものを目にしたとき、思わず声が出た。

 

f:id:nottawashi:20160317101623j:plain

 「本当だ!」

クッキングパパだ。

 

クッキングパパ ダイジェスト (KCデラックス モーニング)

 

たくましい輪郭に、凛々しい眉、几帳面さを感じさせる髪型など、クッキングパパそのものである。

一度気付いてしまえばもう引き返せない。それからというもの、他のアパートのベランダも、クッキングパパにしか見えなくなってしまった。俺はクッキングパパに目覚めてしまったのだ。

 

f:id:nottawashi:20160317101640j:plain

ほらこれも!

 

f:id:nottawashi:20160317101656j:plain

これはどうだろう。

 

f:id:nottawashi:20160317101706j:plain

これはパパだ!

 

暗い道を歩きながら撮ったためあまりいい写真ではないが、ほんの数分歩いただけでこのパパの数だ。

ベランダはクッキングパパである。これはもう間違いない。

 

違う街を歩いてみれば、もっとクッキングパパなベランダを見つけられるかもしれない。街を歩くときの楽しみがひとつ増えた。

もうベランダがクッキングパパにしか見えない。