読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アパ水

日記

アパホテルというホテルがある。

 

f:id:nottawashi:20160420152900j:plain

これが外観。以前泊まったときになんとなく撮った写真なのだけど、どうみてもダンジョンだ。最上階にサイクロプスとかギガンテスとか、そういった強そうな名前の何かが住んでいるのは間違いない佇まいである。

 

f:id:nottawashi:20160420153018j:plain

よく見ると外壁にAPA HOTELという文字とともに、人間の写真が掲げられている。生贄でもなければボスモンスターでもない。これがアパホテルの社長なのだ。

 

この社長、かなり有名な方で、ホテルではレトルト食品のアパカレーやアパラーメンなども販売されており、それらのパッケージにもこの社長の顔写真が使われている。

そんな中でも私が特に好きなのは、アパ水だ。アパ水。アパホテルのミネラルウォーター。

 

f:id:nottawashi:20160420153400j:plain

もちろん社長の顔写真が使われている。

 

 

カレーやラーメンはフロントで購入しなければならないのだが、このアパ水だけは宿泊者に無料で配られる。配られると書いたが正確には部屋に一本置いてあるのだ。

一泊だけの利用であれば、このアパ水を見るのも一度だけ、一晩だけの関係で終わってしまうのだが、連泊となると話は変わってくる。

 

二年ほど前に札幌に二週間ほど出張に行った際、アパホテルを利用したのだが、疲れて部屋に帰ってくると、冷蔵庫の中に新しいアパ水が!

f:id:nottawashi:20160420163645j:plain

疲れた身体にこのほほえみは効く。

アパホテルでは清掃の際にベッドメイキングやタオルの交換だけでなく、アパ水も補給してくれるのだ。

 

 

その後、より多くのアパ水を手に入れるため、ホテル生活の中でアパ水を集める法則を模索し始めた。

 

重要となった法則が下記のふたつ。

・未開封のアパ水が部屋ある場合補充はされない

・空になったアパ水は捨てられてしまう

 

つまり、補充されたアパ水を飲み、空のペットボトルをカバンにいれて持ち歩けば、手元にはどんどん新しいアパ水が貯まっていくのだ。

 

 

そうして集めたアパ水の写真を、みなさまにもご覧いただきましょう。

f:id:nottawashi:20160420164011j:plain

はい。

 

f:id:nottawashi:20160420164038j:plain

 はい。

 

 

f:id:nottawashi:20160420164211j:plain

 

以上です。