読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしさはどこまで

ここ数日、何度か知らない番号から電話がかかってきていた。

かかってくるのはいつも仕事中なのででられなかったし、フリーダイヤルなので何かの勧誘だろうと思って無視していたのだけど、先月引っ越しをしたばかりなこともあって、何か不動産や公共料金の手続き関係かもしれないと気にかかっていた。

 

今日は休日だったので、夕方ごろかかってきたその番号からの電話にでることができた。

「一点ご案内がありまして」

引っ越しをした不動産会社からの紹介だと説明した後に、勢いよく話し始める。

「この度は……!……!」

「……はい」

「無料で設置……! たいへん…………な!」

「…………」

「……度の!……ウォーターサーバー……!……!」

「あの……ウォーターサーバーの勧誘なら、興味ないんで、二度とかけてこないでください」

「あ、これは…………」

案の定ウォーターサーバーの勧誘の電話で、ついきつい口調で応対してそのまま電話を切ってしまった。

 

電話を切ってから、少しだけ電話の向こうにいた人間のことを考える。

俺が電話にでたとき、彼はとても嬉しそうに声をはずませていた。何度かけても普通だった電話がつながったのだ、それは嬉しかっただろう。彼だって仕事で電話をかけている。好きでやっているわけではないはずし、契約がとれなければ上司から怒鳴られ、殴られるのだろう。

契約する気なんてまったくないが、もう少しやさしく電話を切れば良かったかもしれない。

 

だがそんな仕事に就いた時点で彼にも責任があるのではないだろうか。これがたとえばサポートセンターなら、俺から電話をかけたのだし、こちらが聞きたいことがあって電話をしているのだから、丁寧に対応するのが筋だろう。しかし今回の件はあちらが(違法ではないかもしれないが)こちらの望まない形で個人情報を手に入れ、勧誘の電話をかけてきたのだ。いっそ怒鳴りつけてもいいくらいの出来事ではなかっただろうか。そもそも不動産屋に渡した書類に、勧誘の電話は不要だとチェックボックスに印をつけた記憶がある。

違法か合法かの大きな違いはあるものの、やっていることは振り込み詐欺と変わらないのだ。振り込み詐欺の電話にさえ、やさしさを発揮して丁寧に応対するべきとは思わない。

 

いや、それでも、相手が、悪人なら、何をしても許されるのか。違うだろう。

それがもし振り込み詐欺の電話でも丁寧な口調で、「すみません、今忙しいので」と言って電話を切るのが正しい人間の姿かもしれない。本当にそうか?

 

なんていろいろ考えたあと、なんでこんなことを俺が考えなきゃいけないんだ、とまた少し腹が立ってきた。

正しく生きるのは難しい。

 

私は犬を蹴らない程度にはやさしいけれど、勧誘の電話には腹を立てる。やさしさの基準はその中間のどこかにある。もう少し細かい基準は、おいおい見つけていこう。