読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大田区萩中公園の豪華な市民プールとガラクタ広場

暑いのでプールに行った。

レジャー施設にいくと数千円かかるプールだが、市民プールなら数百円、交通費が往復で五百円かかったとしても、千円以下で済んでしまう。

最近の市民プールはかなり豪華なものが多く、ウォータースライダーが設置されているところも珍しくない。

おそらく都内で一二を争うほど充実している大田区萩中公園プールに行ってきた。

つまりこれは、日記である。

 

f:id:nottawashi:20160721014856j:plain
写真だけでこれが市民プールとは思うまい。

 


 

 ○羽田空港に行く途中でしか見ない駅

 

f:id:nottawashi:20160721014837j:plain

 目的の萩中公園は、京急大鳥居駅から徒歩10分ほどのところにある。

品川から京浜急行に乗り、京急蒲田で各駅停車に乗り換える、およそ20分ほどで大鳥居駅に着く。まったく縁がなかった駅なので、羽田空港に行く途中で通り過ぎる場所という印象しかなかった。

このあたりは他にも、天空橋や梅屋敷なんて変わった名前の駅が多い。

 

f:id:nottawashi:20160721014836j:plain
駅構内に鳥居のレリーフ?があった。

 

 ○いろいろあるぞ萩中公園

f:id:nottawashi:20160721014838j:plain
HAGINAKA PARK

 

 f:id:nottawashi:20160721014903j:plain

この公園では交通ルールが学べるらしく、自動車教習所のような道路と、信号機の模型?が設置されていた。残念ながら電源は入っていなかったが、ケーブルは繋がっていたので、本物のように光るのだろう。

なぜか道路の中のスペースは、牧場のようになっており、牛、馬、豚と牛舎などが設置されていた。

つまり「この余ったスペース、牧場にしましょうよ」と言い出した担当者と、そいつを止めなかった上司が、大田区役所の公園課には存在しているということである。どうしてそういう発想になったのか、大田区民の人は問い合わせてみてほしい。

 

f:id:nottawashi:20160721014902j:plain
牧場コーナーにはユニコーンもいた。

 

○意外と過酷な遊具たち

 

荻中公園で一番目立つ遊具がこれだ。

 

f:id:nottawashi:20160721014839j:plain

鉄の吊り具のうんていである。

これがかなりの難易度を誇る。ちょっとしたSASUKEのようなものだ。山田克己はここの近所に引っ越せば自宅に練習コースを作らなくて済んだのに惜しい。

 

f:id:nottawashi:20160721014840j:plain
ゴールにはご褒美のプリンが待ち受けている。

 

f:id:nottawashi:20160721014842j:plain


写真では伝わりにくいが、大人でも足がつかない高さだ。

吊り輪は鉄でできており、しっかり力を入れないと汗で滑るうえに、ひとつひとつの間隔が広い。軽く勢いをつけて揺らさないと次の輪まで届かないのだ。イメージとしてはスーパーファミコンドンキーコング。あれくらい軽快にリズムよくいかないと、次の輪まで手が届かなくて立往生してしまう。

 

f:id:nottawashi:20160721014906j:plain
勢いを付けないと届かない。

 

f:id:nottawashi:20160721014905j:plain
三回挑戦して三回目でどうにかクリア。手が痛くて泣きそうになった。

吊り輪に手の肉が挟まって、ものすごく痛い。僕らのヒーロードンキーコングも、この痛みに耐えてバナナを追っていたのだと考えると、コントローラーを握る手にも力がこもる。

ドンキーコング64の対戦がやりたいので、持っている人は連絡をください。

 

f:id:nottawashi:20160721014904j:plain
手が真っ赤になった。血豆にはなっていないが、内出血している。

 

 

○のびのび運動

f:id:nottawashi:20160721014853j:plain

f:id:nottawashi:20160721014854j:plain

 

はい。

 

 

○その他

f:id:nottawashi:20160721014855j:plain
屋根付きの自販機。集めたいのだけど、また二枚しか撮れていない。

 

f:id:nottawashi:20160721014858j:plain
公園全体図。いろいろあるね~

 

f:id:nottawashi:20160721014859j:plain
画像大喜利の回答として「ノイローゼ」というのを思いついたけど、怒られそうなので言わない。



 ○プール

f:id:nottawashi:20160721014857j:plain
綺麗で広々。

そしていよいよメインのプールである。上に載せた写真、なぜ人が写っていないかというと、訪れた日は屋外プールの休業日だったからだ。つまり私はこのプールに入れていない。

屋内のプールには入ったのだが、当然写真は撮れない。各自想像にて補ってほしい。

この日は平日の昼間に行ったので空いていたが、おそらく夏休みになると、隣にある小学校や中学校の生徒でごった返すことが予想される。

北海道の田舎育ちで、中学、高校と学校にプールがなかった自分としては、とても羨ましい。きっと本来青少年が健全に成長するための何らかの成分が、学校のプールには含まれていたはずなのだ。 

公式サイト:萩中公園プール

 

 

○ガラクタ広場のはたらくくるま

意外と充実していたのが、ガラクタ広場と銘うった、鉄道車両の展示広場だ。

鉄道会社が提供した古い車両などが展示されており、中に入ることもできる。

 

f:id:nottawashi:20160721014845j:plain

f:id:nottawashi:20160721014846j:plain

f:id:nottawashi:20160721014847j:plain
車内の設備がほぼ残ったままで、中に入って遊べるのは嬉しい。

 

f:id:nottawashi:20160721014844j:plain

f:id:nottawashi:20160721014848j:plain

 

f:id:nottawashi:20160721014852j:plain
鉄道だけでなく、消防車も展示されており、運転席に乗ることもできる。

 

f:id:nottawashi:20160721014850j:plain

 

f:id:nottawashi:20160721014851j:plain
地面に埋まったボートもある。なぜ?

 

 


 

はい。

たのしかったです。

 

 

大田区ホームページ:萩中公園