身体で二択をはずしていく

コンプレックスは金になる。

YouTubeでジャンクPCを直して使えるようにする動画を見ていると、唐突に広告が流れ出す、五秒待って飛ばせばいいのだが、たまにじっくり見てしまう。

情報を圧縮して送りこんでくるような早送り音声と、マンガ調の画像は見やすくて、つい手を止めてしまう。

ただ、これがもし『台所にわく小バエを蛍光イエローにして気分だけ蛍みたいにする新製品』の広告だったら、どんなに店舗がよくても無視するはずだ。興味がないから。

「毛深くてきもーい」

「ていうかハゲってだけで無理なんですけど」

「チビはそもそも眼中にかな」

といったセリフにひっかかるということは、自分にもそのコンプレックスがあるということだ。

身体的特徴は自分で選ぶことはできないので、遺伝と運でほぼ決まる。

 

低身長  ⇔  高身長

毛深い  ⇔  体毛が薄い

ヒゲ濃い ⇔  ヒゲ薄い

ハゲる  ⇔  ハゲない

音痴   ⇔  歌がうまい

運動下手 ⇔  運動上手

くせ毛  ⇔  ストレート

肌が弱い ⇔  肌が強い

……などなど。

 

ありがたいことに、現代の日本で生きていくのには、いくら外れをひいたところで致命的ではない。ただ外れをひくたびに人生の難易度が上がっていくのは間違いない。

スキンケア、皮膚科、ジム、美容院、整形など、大人になれば対策できるようになるので、どうにか生きていける。ただし金はかかる。コンプレックスは金になるのだ。ハゲにくい体質の人は、それだけで毎月5000円の育毛剤代を得している。

かなりハズレをひいてしまった側だと自認している。

思い出して欲しい。身の回りの友人や過去のクラスメイトの人たちを。ハズレをひく人はとことんハズレをひいていたし、アタリをひく人はとことんアタリをひいていたのではないだろうか。

もちろん10割アタリをひく人はほぼいないが、8:2くらいで偏っているような印象だ。アタリの人は8割アタリを。ハズレの人は8割ハズレを。

 

ところで、うえに挙げたものの他にまだ隠された2択が残っている。

アタリをひいた人たちの代表、高身長で歌がうまく身体能力に優れている三代目JSoulブラザーズのみなさんが全員ズルムケであることからわかるように、包茎かどうかはアタリハズレの概念において非常に重要なファクターだ。

 

YouTubeから「包茎ー!」「包茎ー!」「包茎ー!」と聞こえてくる日は近い。