読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンGOで週末を過ごしての雑感

日記

ポケモンGOたのし~!」

 

 

はい。

 

ここまでで思ったことを、そのまま書くぞ~。

 

トレーナーレベルは15。リリースされてから1日2、3時間歩いて合計移動距離は23kmくらい。

 

○服が着替えられない

f:id:nottawashi:20160726192636p:plain

 

何か変な服にしちゃったので、金髪碧眼にしてやりなおしたい。あとスタイルを男にしたので、画面上で延々と八頭身の男がうろうろしてるのを眺めることになり、女の子にしておけば、クールビューティー系の美女を眺められたのではないかと少しだけ後悔している。

 

○足あとがあてにならない

f:id:nottawashi:20160726192708p:plain

右下に表示されるポケモンをタップすると、ポケモンの下に足あとが表示されて、それが3つなら数百メートル、減るごとに近くなっているなんて話があるけど、ずっと三つのまま変わらないし、そもそも近くにいるポケモンの欄に表示されていないポケモンもじゃんじゃんでるし全然あてにならない。GPSの制度の問題かもしれないし、バグだって話もあるから、そのうち修正される可能性が高いけど、少なくとも今の段階では目安にすらならない。

 

あとマップ上の草がガサガサなるエフェクトも、「そこにポケモンがいる!」とか書いているメディアがいくつもあったけど、近づいても全然ポケモンでてこないし、逆にまったくガサガサなってない場所にもでるし、あてにならない。

ただし大量に人がいる公園などではマップ上も草が動いていたので、何かしらの情報ではあるみたい。

 

○ポケヴィジョン、そんなに使えない

https://pokevision.com/

【ポケモンGO】近くのポケモンをリアルタイムで地図上に表示する「Pokévision (ポケビジョン)」

ものすごく便利なサイトのはずなんだろうけど、いちいちアプリを終了して地図を確認するのが面倒くさい。タブレットと二個持ちなら効果できだろうけど、そこまでするか? という問いには首を横に振る。

あとこれを使うということは、どこかの知らない外人に位置情報を伝えているようなものなんだろうけど、知らない外人に位置情報を知られたからといって何が問題なのかよくわからない(よくわからない人間は使わない方が安全なのだろう)。

 

○アイテムは余る。少なくとも都会では

f:id:nottawashi:20160726193300p:plain

持てるアイテムの上限は350個で、ポケストップに行けばモンスターボール3つから5つくらいは手に入る。課金してアイテムの上限を増やさなければ、350個くらいはすぐにいっぱいになる。

いらないアイテムはガンガン捨てる。どうせすぐに手に入る。

 

○CP2000カイリューに蹂躙されるジム

ジムバトルはそこそこ楽しい。

ただし自分と同じくらいのCP相手でないと、ほぼ一撃で勝負が決まってしまうので何が起きているのかすらわからない。最初のころは、なぜか妙に強いポケモンがジムにいて、挑むたびに一撃で勝負が終わっていた。それも少し経った日曜には現実的な強さになっていたので、あの異常に強い人たち、海外から来た人じゃなくて、違法行為していてアカウントを削除されたんじゃないかなんて話もある。

CP1000以下のポケモンが守っているジムを見つけて、そこでのバトルは楽しい。

ただしCP2000のカイリューが配置されたら、その地区は終わり。おしまい。

 

○自宅にジムが欲しい

 歩くのに疲れても、バトルは楽しい。

ただしジムまで行かなければバトルはできない。

「あー、自分の家でバトルできたらなー」なんて思ったが、それはただのポケモンだ。

 

○自分のジムが欲しいけど深夜に公園で知らない人と並んでバトルしてるのもなんかな

一キロくらい歩いたところにあるジムが、そこそこの強さでちょうど良かったので、深夜にそこまって行ってジムを占拠した。

「俺がジムリーダーだ!」と喜んでいると、すぐに違う色になった。どうやら近くに他の陣営のトレーナーがいるらしい。深夜の公園で、少し歩くとスマホの光が見えた。「あいつだ」

それからしばらくジムを取り合っていたのだが、勝負がつかない。基本的に攻める方が有利で、守る方が不利なので、何度やってもすぐに取り返される。ガンガン減っていくきずぐすり。これは消耗戦だ。

知らない奴と深夜の公園で、もくもくとスマホを見ながら過ごす。なんじゃこりゃ、と思っていたら、自転車のブレーキ音がした。

顔をあげるととても元気そうな中学生と小学生の兄弟? が、スマホ片手に二人乗りで颯爽と登場したところだった。彼らもジムを制覇しに来たのだと分かったところで諦めて帰った。きりがない。

 

そこからさらに1kmくらい離れた場所にもジムがあったので、そちらに移動することにした。守っているポケモンも、同じ陣営のタマタマなので、ジムレベルをひとつあげて自分のポケモンを置いて帰ろう。黙々と歩いてジム近くまでたどり着いてから、なぜここだけレベルが低いのか理解した。

ジムに近づけない。

近づけなければ、バトルはできない。なぜ近づけないかというと、お寺の敷地の奥にジムが設置されているからだ。深夜なのでもちろん門は閉ざされている。そもそも昼間でも用がないのに立ち入っていいものかわからない。

「坊主!」「タマタマ!」「坊主!」とだけ心の中で叫んで帰った。

 

○レベルをあげて物理で殴る

残念ながらポケモンを育てる意味はほとんどない。

トレーナーレベルがあがれば、野良でもっと強いポケモンがいくらでも手に入るからだ。最初にもらったフシギダネを強化してCP100で喜んでいたら、すぐにCP200,300のドードーがいくらでも捕まえられるようになった。

アメは強化に使わず、もとから強いポケモンの進化にだけ使った方が賢い。

 

○トレーナーレベルを上げる方法

ポケモンを進化させると経験値が500もらえる。

・アイテムのたまごを使うともらえる経験値が2倍

というわけで、簡単にレベルアップできるポッポやコラッタを大量に捕まえたあとに、たまごを使って黙々と進化させていけば、かなりハイペースで経験値が貯まりすぐにトレーナーレベルをあげることができる。

たまごはレベルアップしたときにしかもらえないので、使うのはもったいないけど、「どうせすぐ飽きるし、飽きなかったら課金して買えばいい」という心構えで臨むと気持ちが楽。

 

○みんな楽しそう

外国人の女性がスマホ片手に「GOCHA!」と言っていて、本当にゴッチャ言うんだ~と思った。

深夜の何もない路上で、ルアーモジュールがあるポケストップに人間が群がっていると、そこを通るカップルの女性はかならず大きめの声で「なにこれ~ポケモン?」「すご~い」などと言っていたが、あれは聞こえるように言ってるとしか思えないんだけど、俺たちに何を言いたいの?

暗がりでじっとスマホをいじっている姿が怖いので、安心したいの? 

 

f:id:nottawashi:20160726194823j:plain

写真は深夜の上野公園。とんでもないことになっていた。

 

○男女でやるのが一番いい

カップルで一緒にポケモンGOをやっていて、若い女性がはしゃぎながら「ニョロモだよ!」などと言っている光景はほほえましい。

ニョロモ、わりとそこらへんにいる」とか思っても、それはオタクのものの見方であって、より楽しんでいるのはあちらだ。トレーナーレベルが低くても、出現するポケモンに一喜一憂できる方がよほど素晴らしい。あと羨ましい。

システムはよく考えられてるが、歩きスマホを誘発するのは間違いないのだし、一人でやるより二人でやった方が安全だ。

特に女性が夜道を一人で歩くのは危険なので、恋人についてきてもらって一緒にやるのは正解だろう。

ポケモンGOを始めてから、何千人ものトレーナーとすれ違ったけれど、一番楽しそうだったのは、タブレットスマホを同時に浸かっている人でもなく、自転車で効率的に移動している人でもなく、カップルでした。

現実と同じです。ゲームは現実なので。

 

○飽きた、というより楽しみ尽くした

f:id:nottawashi:20160726201126p:plain

昨日の夜新宿に行って、そのあと数キロ歩いたのだけど、ポケモンGOを起動するのを忘れていた。

でもこれは「飽きた」というより「楽しみ尽くした」と表現するべきなのだろう。やれることは大体やった。あとはどれだけやりこむかだけど、やりこみに魅力は感じないので、こんなところだろう。

ポケモンXも、ストーリーだけクリアしてやめてしまった。それでも十分楽しい。他のゲームも大体そうだ。

 

そもそもポケモンGOはやれることがものすごく少ないのだ。

無料のゲームだと考えれば、こんなものだろう。

 

たぶん一か月後くらいに「ミュウツー出現!」みたいなイベントをやるのだろうけど、そのときどうやって混乱をさけるのかとか、どうせ都会でしか参加できない仕組みになるんだろうとか、そこも解決するのかなとか、気になることはあるのでアプリ消したりはせず、しばらく続けていくつもり。

 

○初めてブームにのれた気がする

田舎のひねくれたガキとして育った私にとって、ブームとは基本的に自分に関係のない場所で勝手に行われているものだっただけど、人生で初めてまっとうにブームに参加できて、何か憑き物が落ちたような気がする。

自分が好きなものでブームにのるの、ものすごく楽しい!

3日くらいしか持たなかったけど、これくらいでいい。

 

おしまい。

大田区萩中公園の豪華な市民プールとガラクタ広場

日記

暑いのでプールに行った。

レジャー施設にいくと数千円かかるプールだが、市民プールなら数百円、交通費が往復で五百円かかったとしても、千円以下で済んでしまう。

最近の市民プールはかなり豪華なものが多く、ウォータースライダーが設置されているところも珍しくない。

おそらく都内で一二を争うほど充実している大田区萩中公園プールに行ってきた。

つまりこれは、日記である。

 

f:id:nottawashi:20160721014856j:plain
写真だけでこれが市民プールとは思うまい。

 


 

 ○羽田空港に行く途中でしか見ない駅

 

f:id:nottawashi:20160721014837j:plain

 目的の萩中公園は、京急大鳥居駅から徒歩10分ほどのところにある。

品川から京浜急行に乗り、京急蒲田で各駅停車に乗り換える、およそ20分ほどで大鳥居駅に着く。まったく縁がなかった駅なので、羽田空港に行く途中で通り過ぎる場所という印象しかなかった。

このあたりは他にも、天空橋や梅屋敷なんて変わった名前の駅が多い。

 

f:id:nottawashi:20160721014836j:plain
駅構内に鳥居のレリーフ?があった。

 

 ○いろいろあるぞ萩中公園

f:id:nottawashi:20160721014838j:plain
HAGINAKA PARK

 

 f:id:nottawashi:20160721014903j:plain

この公園では交通ルールが学べるらしく、自動車教習所のような道路と、信号機の模型?が設置されていた。残念ながら電源は入っていなかったが、ケーブルは繋がっていたので、本物のように光るのだろう。

なぜか道路の中のスペースは、牧場のようになっており、牛、馬、豚と牛舎などが設置されていた。

つまり「この余ったスペース、牧場にしましょうよ」と言い出した担当者と、そいつを止めなかった上司が、大田区役所の公園課には存在しているということである。どうしてそういう発想になったのか、大田区民の人は問い合わせてみてほしい。

 

f:id:nottawashi:20160721014902j:plain
牧場コーナーにはユニコーンもいた。

 

○意外と過酷な遊具たち

 

荻中公園で一番目立つ遊具がこれだ。

 

f:id:nottawashi:20160721014839j:plain

鉄の吊り具のうんていである。

これがかなりの難易度を誇る。ちょっとしたSASUKEのようなものだ。山田克己はここの近所に引っ越せば自宅に練習コースを作らなくて済んだのに惜しい。

 

f:id:nottawashi:20160721014840j:plain
ゴールにはご褒美のプリンが待ち受けている。

 

f:id:nottawashi:20160721014842j:plain


写真では伝わりにくいが、大人でも足がつかない高さだ。

吊り輪は鉄でできており、しっかり力を入れないと汗で滑るうえに、ひとつひとつの間隔が広い。軽く勢いをつけて揺らさないと次の輪まで届かないのだ。イメージとしてはスーパーファミコンドンキーコング。あれくらい軽快にリズムよくいかないと、次の輪まで手が届かなくて立往生してしまう。

 

f:id:nottawashi:20160721014906j:plain
勢いを付けないと届かない。

 

f:id:nottawashi:20160721014905j:plain
三回挑戦して三回目でどうにかクリア。手が痛くて泣きそうになった。

吊り輪に手の肉が挟まって、ものすごく痛い。僕らのヒーロードンキーコングも、この痛みに耐えてバナナを追っていたのだと考えると、コントローラーを握る手にも力がこもる。

ドンキーコング64の対戦がやりたいので、持っている人は連絡をください。

 

f:id:nottawashi:20160721014904j:plain
手が真っ赤になった。血豆にはなっていないが、内出血している。

 

 

○のびのび運動

f:id:nottawashi:20160721014853j:plain

f:id:nottawashi:20160721014854j:plain

 

はい。

 

 

○その他

f:id:nottawashi:20160721014855j:plain
屋根付きの自販機。集めたいのだけど、また二枚しか撮れていない。

 

f:id:nottawashi:20160721014858j:plain
公園全体図。いろいろあるね~

 

f:id:nottawashi:20160721014859j:plain
画像大喜利の回答として「ノイローゼ」というのを思いついたけど、怒られそうなので言わない。



 ○プール

f:id:nottawashi:20160721014857j:plain
綺麗で広々。

そしていよいよメインのプールである。上に載せた写真、なぜ人が写っていないかというと、訪れた日は屋外プールの休業日だったからだ。つまり私はこのプールに入れていない。

屋内のプールには入ったのだが、当然写真は撮れない。各自想像にて補ってほしい。

この日は平日の昼間に行ったので空いていたが、おそらく夏休みになると、隣にある小学校や中学校の生徒でごった返すことが予想される。

北海道の田舎育ちで、中学、高校と学校にプールがなかった自分としては、とても羨ましい。きっと本来青少年が健全に成長するための何らかの成分が、学校のプールには含まれていたはずなのだ。 

公式サイト:萩中公園プール

 

 

○ガラクタ広場のはたらくくるま

意外と充実していたのが、ガラクタ広場と銘うった、鉄道車両の展示広場だ。

鉄道会社が提供した古い車両などが展示されており、中に入ることもできる。

 

f:id:nottawashi:20160721014845j:plain

f:id:nottawashi:20160721014846j:plain

f:id:nottawashi:20160721014847j:plain
車内の設備がほぼ残ったままで、中に入って遊べるのは嬉しい。

 

f:id:nottawashi:20160721014844j:plain

f:id:nottawashi:20160721014848j:plain

 

f:id:nottawashi:20160721014852j:plain
鉄道だけでなく、消防車も展示されており、運転席に乗ることもできる。

 

f:id:nottawashi:20160721014850j:plain

 

f:id:nottawashi:20160721014851j:plain
地面に埋まったボートもある。なぜ?

 

 


 

はい。

たのしかったです。

 

 

大田区ホームページ:萩中公園

 

カレー屋で怒って帰った

日記

カレーを食べた。

 

たまたま外でカレーを食べたくなったときに、近くにいい感じのカレー屋さんがあった。私がカレーを選ぶときの基準は、濃いかどうかで、濃ければ濃いほどおいしいと感じる。自分でつくるときも、正しい分量よりもかなり水を少なめに、どろっとしたカレーばかりつくっている。

カレーの濃さといえば、私の地元には『インデアンカレー』という、ラーメンで言えば天下一品のような濃さのカレー屋があった。あまり通った記憶はないのだけど、どうもそこのカレーが私の味覚に影響を及ぼしているらしい。

カレーは大好きなのだけど、そんな好みなのであまり外食では満足できない。ココイチのルーは薄すぎるし、松屋もいまひとつ、ゴーゴーカレーは普通。神保町なんかにある名店などは1000円以上して高すぎる。インド人やネパール人のお店も大好きなんだけど、あれはカレーとはまた別ジャンルのカレーだろう。米が食べたいときには選べない。

 

かなり面倒な好みだと自覚しているのだけど、今日行ったカレー屋さんは大盛を謳っていて、かなりこってり系。値段も890円と、ちょっとだけ高いが、角煮のような肉がごろごろ入っていておいしかったので、割高感はない。いいお店だった。

 

さて、ここからようやく本題になる。

私がカレー屋に入ったのはまだ夕方五時ごろで、お客さんも先に入っていた二人組だけだった。食券を買って店員さんに渡すと「奥から詰めてお座りください」と案内された。カウンターだけの、奥に細長い小さなお店だ。

ガラガラなのに、店内の奥で固まって知らない人と一緒にカレーを食べるのは、ちょっと違和感があったが、これから混み始めたときに、詰めていないと空いている座席が飛び飛びになってしまうのでしかたない。

私がカレーを半分くらい食べたころ、もうひとりお客さんが入ってきた。

 

ものすごく太っている。

 

別にバカにしているわけではない。なのにわざわざ書いたのは、このお客さんの体型がこのあとの話に関係してくるからだ。それに、大盛のカレー屋さんにはよく似合うので、良いと思う’。違う、そういうことじゃない。

スーツを着たサラリーマン風のそのお客さんは、イスに荷物をどっかり置くと、入り口の引き戸と格闘しはじめた。ガタガタと音を立てているので、店内にいた全員のその人を見た。しばらくしてから、店員さんが少しおかしそうに注意する。

「それ、逆です」

閉めようとしていたドアは本来動かしてはいけない部分で、何かストッパーのようなものが噛ませてあったらしい。帰るときに確認したら、空気の流れをつくるためか、きっちり最後まで閉まりきらないように、間にダンボールを挟んでいたし、一度動かしてしまうと元に戻すのは少しややこしい。

逆だと言われても、無言とガタガタとドアを閉めようとしているお客さんに、「おいおい」という空気が店内に充満する。

「開けたドアを閉めればいいのに、なんで間違っちゃうんだよ!」と脳内で突っ込んだ。しかしまあ、そういうこともあるだろう。自分も同じようなことをラーメン屋さんでやったことはある。

 

f:id:nottawashi:20160720024930j:plain
画像はイメージです。

 

ふたりいる店員さんのうち、「逆です」と言った店員さんが「なんでよ」と言っているのが聞こえてしまった。かなり小さい声だったので、正面にいた自分以外には聞こえていなかったと思う。少なくとも入り口近くにいたそのお客さんには聞こえていないはずだ。

しかし、発言のあとに少しだけ笑ったり、店内の空気が弛緩したことは、伝わっただろうと思う。

ドアを閉めるのを諦めて、食券を買ったお客さんはそのまま入り口近くの席に座ろうとした。正直いって体型的にも奥に詰めて座るのは厳しいかもしれないので、その判断は妥当だったはずだ。しかし、店員さんいつも通りの応対をした「奥に詰めてお座りください」

 

帰ってしまった。

 

何が起きたかよくわからなかった。

「帰った?」「あの人、食券買ってたよね?」「どういうこと?」

隣に座っている同行者に確認するが、判然としない。店員さんも顔を見合わせている。このときようやく、彼が怒っていたのだとわかった。

おそらく彼は、ドアを閉められないことを笑われたのを、<デブだから笑われた>のだと思ったのだ。

そして次にこう思ったに違いない。<デブであることは笑うのに、デブであるがゆえの特別扱いはしないのか>と。

 

カレー屋で居合わせた彼は、結局一言も言葉を発さなかった。