読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

収集した「いらすとや」を公開するサイトをつくったよ

記事 収集

街で見つけた「いらすとや」の写真が順調に増えてきたので、まとめて見られるようにサイトをつくりました。

 

まちなかいらすとや irasutoya-collection

f:id:nottawashi:20161201183605p:plain

 

基本的には自分で撮った写真のみで、一部友人から送られてきたものを含みます。

wixの使い方が悪いのかパソコンがポンコツだからか、設定したとおりに画面が表示されなかったりと色々と満足いっていないので、今後もひまを見つけてレイアウトを直したり、写真を追加していきます。

 

いらすとやの素材が使われている光景の写真は引き続き募集しておりますので、見かけたらTwitterなどでお送りくださいまし

 

かわいいフリー素材集 いらすとや

『街中いらすとや』収集 - わたしたわしじゃないじゃない

いつの間にか、日本が「いらすとや」だらけになってる(全文表示) - コラム - Jタウンネット 東京都

街の「いらすとや」を探せ! 全国読者の目撃写真まとめ【前編】(2/2) - コラム - Jタウンネット 東京都

ウユニ塩湖に行きたくても行けないので自宅に塩湖をつくった

工作 記事

f:id:nottawashi:20161129173550p:plain

ウユニ塩湖という場所を知っているだろうか。

「天空の鏡」との異名を持つ湖で、CMやアニメのオープニングでよく使われている。塩湖という名の通り、塩でできていて、固まった塩が鏡のようになるので、景色が綺麗に反射する。晴れているときならば雲が湖に反射し、まるで空の上を歩いているような状態になれるそうだ。

一度その神秘的な光景を見てみたい。

 しかしウユニ塩湖はボリビアにある。ボリビア……聞いたことはあるような気がするが、どこにあるのかまったくわからない。調べてみると南米の国だそうだ。……南米。それだけで一生行く機会がないことがわかってしまう。縁遠い異国の絶景……。

そんなウユニ塩湖、行きたくても行けないので、いっそ自宅でつくってしまうことにした。


 〇これです

f:id:nottawashi:20161125203417p:plain
画像検索「ポカリスエット たけし」

 

〇興味はあるけど50万円払うほどではない

 さて、そのウユニ塩湖だが、実際に行こうとすると50万円ほどかかるらしい。さらにはどんなにコンパクトなツアーを選んだところで、どうしても一週間以上はかかってしまうようだ。

f:id:nottawashi:20161130152701j:plain
ウユニ塩湖の塩、買ってみたけど普通の塩だった。

 

ウユニ塩湖は見てみたいが、50万円と10日はかけたくない。6万円のパソコンと1万円のモニターが欲しくてほしくてたまらないのに買えない自分としては、そんな金額を払って塩を見に行くことなどとてもできないし、なんなら50万円と聞いた途端に行きたくもなくなった。

f:id:nottawashi:20161130152710j:plain
原産国がボリビア

 

〇これが自宅塩湖だ

f:id:nottawashi:20161125183633j:plain

「自宅に塩湖をつくる」といっても、何がしたいのかわからないと思うので、先に完成品を見せておく。あえて写真の明るさを修正していないので少し暗いかもしれないが、雲が反射して写っているのがわかるだろう(わかってください)。

 

〇仕組み

ウユニ塩湖がなぜ鏡の風景を反射するかというと、「水たまりの底が白かったら、いつもよりよく反射するよね」ということらしい。理解できなかった人はお父さんかお母さんに聞いてみてほしい。

ここで何がいいたいかというと、「塩と水があれば再現は可能」ということである。

 

f:id:nottawashi:20161125183418j:plain
ボリビアじゃなくて瀬戸内なので安い。そしておいしい。

 

〇水に浸して固まるまで待つ

f:id:nottawashi:20161125183446j:plain
塩を容器に入れる。

 

f:id:nottawashi:20161125183449j:plain
こんもり。最初は分量を量っていたけど途中から目分量になった。

 

f:id:nottawashi:20161125183451j:plain水をそそぐ。

 

f:id:nottawashi:20161125183454j:plain
スプーンを使ってなるべく平らにならしておく。

 

f:id:nottawashi:20161125183459j:plain
固まるまで冷蔵庫に2、3日入れておく。

 

作り方は簡単なので写真のみでお伝えしたい。水で濡らした塩を固めるだけである。ビーフストロガノフの100分の1以下の手間で済むぞ~。

 

f:id:nottawashi:20161125183509j:plain
カチカチになった塩。(試作のものなので上の写真と容器が違います)

 

f:id:nottawashi:20161125183510j:plain
ひっくり返しても大丈夫。

 

 〇青空をもとめて

 塩湖そのものは完成したので青空を映しに行こう。撮影は8月に行ったので写真のようなきれいな青空の日もあったのだ。

 

f:id:nottawashi:20161125183704j:plain
よく晴れている日を待った。

 

f:id:nottawashi:20161125183708j:plain
塩と水筒をもって公園に行く。

 

f:id:nottawashi:20161125183711j:plain
あれ?

何度か試したのだけど、うまくいかない。水をこぼさないためには水平を保つ必要があるのだが、水平にすると今度は空がうまく映らないのだ。

塩湖を地面に置いてしまうと木や草が邪魔になる。きれいに空を映すためには地平線が見えるような広場か、障害物のない高い建物の上にいかなければならない。

 

f:id:nottawashi:20161125183712j:plain
近所の歩道橋からとったもの。支える腕がつらい。

 

f:id:nottawashi:20161125183716j:plain
少しでも傾けると水がこぼれて枯れた大地があらわになる。

 

なるべく障害物のないところを求めて荒川の河川敷まで行ったが、むしろ草木が多くて雲は取れなかった。せめてなるべく高いところに行こうと目に付いたホームセンターに入った。

 

f:id:nottawashi:20161125183717j:plain
荒川沿いにあるホームセンターの屋上へ。

 

f:id:nottawashi:20161125183718j:plain
ここなら障害物も(左右のマンションをのぞいて)あまりない。

 

f:id:nottawashi:20161125183721j:plain
綺麗な景色を見ると、心が綺麗になります。

 

結論からいえば、完全な無駄足だった。

 

〇フリー素材って便利よね

さきほどの完成品の画像、あちらの背景の雲は写真なのだ。フリー素材を印刷して立てかけた。

真夏の暑い日に河川敷を歩き回る必要はなかったのだ。むなしい。むなしいが、しかし無駄な行動といえば、こうして塩湖をつくる行為そのものが人生には必要のない行為なので、無駄は容認する方針でやっていく。

 

f:id:nottawashi:20161125183533j:plain
これがあこがれの「天空の鏡」です。

 

〇たけしっぽいおっさん探し

f:id:nottawashi:20161125183553j:plain
鉄道模型用のミニチュア。ザ・人間。

 

せっかくなので人を立たせない。塩湖のイメージはたけしなので、なるべくたけしっぽい恰好のフィギュアを探した。

ヨドバシカメラのおもちゃコーナーをさんざん歩き回ったすえに見つけたのが、鉄道模型のミニチュアだ。昭和の風景を再現する需要があるのか、なんとなくたけしっぽい雰囲気のものがおおい。

「佇む人々」という商品名も渋くていいじゃないの。

 

f:id:nottawashi:20161125183556j:plain
なんとなく姿勢がたけしっぽい。

 

f:id:nottawashi:20161125183558j:plain
たけし、着水!

 

f:id:nottawashi:20161125183557j:plain
パタン、スイー

 

そのままでは立たなかったので、土台をつけて対応する。

f:id:nottawashi:20161125183605j:plain
パッケージを切り取ってL字型にした。

 

f:id:nottawashi:20161125183607j:plain
OK!

 

〇塩湖塩湖塩湖

f:id:nottawashi:20161125183622j:plain
青空をうまく反射させるために裏側にライトを仕込んでいます。

f:id:nottawashi:20161125183626j:plain
印刷の粗さには目をつぶってください。

 

f:id:nottawashi:20161125183629j:plain
綺麗なものの裏側ってこんなものよ

 

固めた塩のうえに水を注ぐだけで、ウユニ塩湖とまったく同じ風景をつくることができた。ウユニ塩湖は大自然の偶然による産物だが、こちらは自分で手をかけてつくったぶん愛着がある。旅行に行ってすごいものを見たという以上の体験ができたのではないだろうか。

ないだろうか、ではない。ない。できていない。実際にウユニ塩湖に行った方が感動する。だからなんだ。

とはいえ、やっぱり思い付きを形にする工程は面白い。

 

 

〇塩湖コレクション ~えんこれ~

では最後に、塩湖で撮った写真とともにお別れです。

 

f:id:nottawashi:20161125183640j:plain
夕暮れ。

 

f:id:nottawashi:20161125183651j:plain

大相撲塩湖場所。

 

f:id:nottawashi:20161130183835j:plain

塩湖に浮かぶ寿司セット。

 

f:id:nottawashi:20161125183657j:plain
たけし。

 

f:id:nottawashi:20161125183701j:plain
塩湖で鹿に囲まれるたけし。

 


 

 〇おしまい

f:id:nottawashi:20161125183647j:plain
今回やったなかで一番きれいな写真。

f:id:nottawashi:20161125183648j:plain
ズルをしました。

撮影から記事にするまで数カ月空いてしまいましたが、こうなると記憶もあいまいだし熱量も失われているしでいいことないっすね。

 

ちなみに、タイトル画像につかった写真は今回つくった塩湖ではなく、鏡を使いました。ズルです。鏡は綺麗に反射していいです。塩湖より鏡ですよ。

 

寝て起きたら預金が50倍になってますように。

金沢動物園はメルヘンワンダーランド

記事 日記

f:id:nottawashi:20161123171416p:plain

行楽の秋到来!

ということで、先日三浦海岸にある『ソレイユの丘』という施設に行ってきた。ここは入園無料でカピバラがさわり放題のすごいところ(ふれあいエリアはお金かかる)。

しかしそれよりも印象に残ったのが帰りに見つけた『金沢動物園』だ。「帰り道にあるし、行ってみようか」くらいの気持ちだったのだが、期待以上に魅力あふれるスポットであった。

今回は金沢動物園の魅力や、一部気になったポイントを紹介したい。


 

〇石川県じゃなくて神奈川県にあるぞ、金沢動物園

f:id:nottawashi:20161123165840j:plain

なんたら線の金沢文庫駅前からバスに乗り、いくらか進むと金沢動物園にたどり着く。平日にも関わらずこの日も老人の団体が同じバスに乗って動物園を目指していた。大量の老人のあとをついていくと、すべての物事の先には死が待っていることを実感させられる。

 

f:id:nottawashi:20161123170645j:plain

動物園の詳しい場所とか営業時間とかは各々調べてください。情報を書きたくない。

 

f:id:nottawashi:20161123170539j:plain
バス停の椅子はリニューアルしないみたい。

 

 

〇力の入れ加減がよくわからない、なかよしトンネル

f:id:nottawashi:20161123175711j:plain

 入場してまず通るのがなかよしトンネル。金沢動物園は山の中にあるので動物園があるエリアまでは山ひとつ超えなければならない。入り口とその動物エリアをつなぐこのトンネル、なんとなく歩いてしまえば数分で通り抜けられるのだが、きちんとひとつひとつの展示を見て行くとなかなか面白い。

 

f:id:nottawashi:20161123183413j:plain
ディズニーランドの人気のないアトラクションを思わせる風景。

 

f:id:nottawashi:20161123183513j:plain

メルヘン

 

f:id:nottawashi:20161123183541j:plain

メルヘン!

 

f:id:nottawashi:20161123183625j:plain

メルヘーン!

 

f:id:nottawashi:20161123183749j:plainメルヘン

 

f:id:nottawashi:20161123183826j:plain

メルヘン?

 

f:id:nottawashi:20161123184157j:plain

メルヘン??

 

f:id:nottawashi:20161123183919j:plain

メルヘンか?

 

 

f:id:nottawashi:20161123183957j:plain

なんだこれ。

 

 

f:id:nottawashi:20161123184248j:plain

ツノの展示?

 

f:id:nottawashi:20161123184321j:plain
プルタブ?

 

 

〇芸術の秋

出口のところにあった案内板を読まなかったのでよくわからないが、園内のあちこちには芸術作品が展示されているらしい。動物と芸術のコラボレーション。アートだと言われると「そういうものですか」としか言えなくなる。今度から「なんでそんなことしてるんですか」と聞かれたら「アートです」と答えよう。

 

f:id:nottawashi:20161123184652j:plain

f:id:nottawashi:20161123184706j:plain「すずめがたくさんいる!」と近づいたら、全部模型で、しかもひっくり返っていた。

 

 

f:id:nottawashi:20161123184534j:plain

f:id:nottawashi:20161123184543j:plain
アートだとわかっても、なんか釈然としない。

 

 

オカピ

アートもいいが、動物園に来たのだから動物を見る。案内板によるとオカピがいるらしい。言葉の響きがおもしろいので大喜利の回答によく使っていたが、そういえば実物は見たことがなかった。

よし、オカピを見に行こう。

 

f:id:nottawashi:20161123190926j:plain

 

 

f:id:nottawashi:20161123191005j:plain

俺もたいてい寝室にいるよ。

 

 

f:id:nottawashi:20161123191025j:plain

わかりやすい。

オカピはいましたが写真を撮っていないので、見たい人はアフリカに行ってください。

 

 

f:id:nottawashi:20161123190534j:plain

f:id:nottawashi:20161123190543j:plain

サイの運び方すげー。

 

 

〇すばらしい休憩所はすばらしい

f:id:nottawashi:20161123165928j:plain
くつろぎかたが堂に入っている。

 

f:id:nottawashi:20161123170017j:plain
椅子と机には使い古されたテニスボールがはめられている。こうすると椅子をひくときに音が鳴らないし、床も傷つかない。ここは知恵の館……。

 

f:id:nottawashi:20161123170027j:plain

f:id:nottawashi:20161123170036j:plain

f:id:nottawashi:20161123170041j:plain

地味にうれしいのが自動販売機が充実していることだ。現在はそれなりに珍しい軽食やカップ麺の自販機もある。

飲み物もなぜか1リットルサイズだ。初めて見たし、そんなにいらない。

 

 

f:id:nottawashi:20161123170100j:plain

f:id:nottawashi:20161123170108j:plain

休憩室には動物のイラストが飾られており、どこかで見たことがあるデザインのシマウマや、完全に形状がペニスのペンギンの絵を楽しむことができる。

 

f:id:nottawashi:20161123170051j:plain

一番すごいのはこの休憩所自体が展示室になっており、なんか珍しい鳥(種類は忘れた)を見ながらのんびりジュースを飲めることだ。

動物園というのは意外と歩くもの。こうして休憩している間も飽きさせない工夫がされているのは本当にありがたい。

 

f:id:nottawashi:20161123165956j:plain
なんか珍しいやつも凛々しい表情でこっちを見ていた。

 

 

ぺにぎん。

 

 

 

〇こんなにまぢか!

金沢動物園の目玉としては、カンガルーを間近で楽しむことができる独特な展示方法がある。

カンガルーが放されている柵の中に入れるようになっており、カンガルーの吐息が聞こえるくらい接近することができるのだ。

 

f:id:nottawashi:20161123191410j:plain

これはすごいぞ!

 

 

f:id:nottawashi:20161123191456j:plain

 

 

f:id:nottawashi:20161123191508j:plain

 

 

f:id:nottawashi:20161123191425j:plain

 

 

 

 

 

〇神々しいぞ、白いカンガルー

この日は寒かったせいか、カンガルーは奥の一か所に集まって、まったく動かなかった。カンガルーを見ているのかカンガルーに見られているのかよくわからない状況になってしまったが、ここの魅力はそれだけではない。

金沢動物園には世にも珍しいアルビノのカンガルーがいるらしい。展示されているカンガルーのグループは日替わりなので必ず見られるとは限らないようだが、そういえばさっき、白いカンガルーがいた気がする。これはラッキーだ。

どこにいるのかな?

 

f:id:nottawashi:20161123191521j:plain

f:id:nottawashi:20161123192245j:plain

 

 

 

 

〇看板たち

f:id:nottawashi:20161123192544j:plain
初代プレステみたいなCG

 

 

f:id:nottawashi:20161123192456j:plain
R-18

 

 

f:id:nottawashi:20161123184939j:plain
なかよしトンネルの横でケンカしないで

 

 

〇ケツ

f:id:nottawashi:20161123223418j:image

ケツ。

 

f:id:nottawashi:20161123185052j:plain
馬のケツ。

 

f:id:nottawashi:20161123223311j:image

象のケツ。

 

f:id:nottawashi:20161123185103j:plain
なんかヤギみたいなののケツ。

 

f:id:nottawashi:20161123185122j:plain

ポスターもケツ。

 

 

〇斜面を利用したアスレチック

f:id:nottawashi:20161123165730j:plain

動物園と同じ敷地内には斜面を利用したアスレチック広場もあった。ここは入場料を払うことなく楽しむことができる。

写真のすべり台は写っている部分から続いていてものすごく長い。勢い込んでここをすべったら、摩擦でお尻が焼け付くようにいたくなった。あとでサイトを見たらどうもお尻の下にダンボールを敷いて遊ぶものだったらしい。先に言ってくれれば良かったのに。

 私は動物園に行く前にここではしゃぎ過ぎて体力がなくなりました。休憩所があって本当によかった。

 

 

〇サル

f:id:nottawashi:20161123190227j:plain

 

 

 

f:id:nottawashi:20161123190207j:plain

 

おしまい。

 


〇最後にメルヘン成分です

f:id:nottawashi:20161123183104j:plain

最高にメルヘンなフォント


 

公式サイト

金沢動物園公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

三浦半島の農と海の体験パーク | 長井海の手公園・ソレイユの丘

f:id:nottawashi:20161123165628j:plain
ソレイユの丘ではカピバラのゴワゴワ感とおなかのたぷたぷ感が味わえるぞ